じん臓についてとホ胸類について稽古しました

じん臓などについて学業をしました。じん臓は、約100万個のネフロンというユニットからなり、血によって運ばれた屑をこしとります。また、尿の元を再吸収して血間のモイスチャーや塩の濃度を調節します。次は、素肌についてだ。素肌には、気温や痛苦などを見えるインプレッション点が分布し、外界のみたいすを感じとることができます。二度と、素肌には体温を調節する機能もあります。暑い時折、汗せんから汗が出て蒸発すると共にからだのエネルギーをうばって体温を下げます。寒いときは筋肉が縮んで素肌の盲点をふさぎ、エネルギーが行くのを防ぎます。これが鳥肌だ、次は、ホバスト仲間についてだ。ブレスは肺ブレスだ。体温は、恒温(周囲の気温が変化しても体温を一定に保つ)だ。心臓は、2心房2心室だ。うまれヒトは、胎生(親の全身で子どもを育て、ちっちゃい子どもをうむ)だ。このようなことを学業しましたが、ネフロンなど知らない言葉づかいも出てきたので、さんざっぱら勉強になりました。Amazon青汁ジュース